Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

ストレスって一体なんだろう?

こんにちは
PST広報の神山です。

f:id:resisupo:20190312175748j:plain

 

今回のお題は

ストレスって一体なんだろう?


そのそもストレスとは一体何なのか?検索してみると
下記の通りでした。

ストレスとは
★何らかの刺激(※ストレッサー)によって生体に生じる生理的なひずみと
これに対する非特異的な生体の反応をいう。
寒冷,暑熱,薬品,炎症,感染,疲労,不安などさまざまな刺激がストレッサーになり得る。
(百科事典マイペディア引用)


※ストレッサーとは、ストレスを引き起こす物理的・精神的因子。寒暑・外傷・怒り・不安など。(コトバンク デジタル大辞泉引用)

 

f:id:resisupo:20190422155432j:plain




 ちょっと言葉だけでみると分かりづらいですが、

色々なことがストレスになりうるということですね。

 

外部からの刺激には、
天候や騒音などの
環境的要因
病気や睡眠不足などの身体的要因
不安や悩みなど
心理的な要因
そして人間関係がうまくいかない、仕事が多忙などの
様々な種類の社会的要因が存在。

つまり、日常の中で起こる様々な変化=刺激(ストレッサー)が、
ストレスの原因になるようです。
しかし、その人自身の経験や体質などでもそれぞれの人が違う結果になります。
軽い症状だったり重い症状だったり。

また進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事も変化=刺激になるので、
実は嬉しい事や喜ばしい事もストレスの原因になる事になります。


ただストレスとは全てが悪いだけでも無いので、
ストレスとの上手い付き合い方が重要になってくるようです。
何かしらの刺激を受けても
元に戻す力があることが心の健康に繋がるようです。

 

人によっても感じ方が違うので、同じ出来事であっても
皆同じようにストレスを受けるわけではないということですね。

 

f:id:resisupo:20190314171945j:plain

ストレスを受けることで、体調を崩すだけでなく、
気持ちが不安定になったりする事は大体の皆さんが経験することです。
つらくて食欲がない、気持ちが落ち着かなくて眠れない夜だったり。
こうした症状があるからといって、
すぐに心の病気というわけではありません。

しかし、こうしたサインが出ていながら、
これまでと同じようにストレスを受け続けていると、
心も体も悲鳴をあげて、さらに人によっては重い症状で
身体の調子を崩してしまったり、
結果、心の病気にかかってしまうこともあります。

(出典参考HP⇩厚生労働省 みんなのメンタルヘルス 総合サイト) 

www.mhlw.go.jp

 

このようにストレスと心の状態は密接に関係しています。

日頃から自分の心の状態を知ることが出来れば、
心の状態が悪い人はよい方向へ、良い人はその状態を
キープするための指標として使えるので、
セルフケアに役立てられると思います。

 

MIMOSYS®︎やってみたい試したいと思われる方は
下記よりダウンロード可能です。

 

⇩⇩⇩

blog.medical-pst.com

 

操作方法などはブログ上部にページが御座いますので
合わせてご覧ください。

 

 

今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。
まだこのブログも今月始めたばかりですが、平成最後の投稿となります。
次回は令和突入ですね!!

次回はうつ病とは?です。


またResilience Days をよろしくお願い致します。