Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

ストレスに良いアロマとは?

こんにちは
PST広報の神山です。

今回のテーマは

ストレスに良いアロマとは?

 

 

皆さんアロマ(香り)を用いた
アロマセラピーアロマテラピー)ご存知ですか?

 

アロマセラピー英語読みアロマテラピーフランス語読み

 

ロマセラピー(アロマテラピー)とは
アロマテラピーまたはアロマセラピーは、一般的には、精油、または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法である。芳香療法、香料治療とも。実際様々な方法で用いられている。ムード作りのインテリアの一種としても使われている。(ウィキペディア引用)

 

最近は良くショッピング中にアロマオイルを見かけます。
見渡すと身近に様々なアロマ(香り)がありますね!
アロマによって色々な効能や効果があるみたいですが
アロマセラピーという観点からの
今回はストレスに効果あり?と言われているアロマを調べてみました。
メジャーなアロマと言えば、料理やハーブティーなどにも使われる
ローズマリーやラベンダー、ミント、カモミールなどですね。

 

f:id:resisupo:20190311173403j:plain
f:id:resisupo:20190311173247j:plain
f:id:resisupo:20190311173252j:plain
f:id:resisupo:20190311173110j:plain

 

思ったよりストレスに効果あるというアロマが多いようですので、
鎮静系・調整系・刺激系・覚醒系・幸福系の順番で
ご紹介したいと思います。

 

静系 (心を鎮め、リラックスしたい時、不眠解消)
ラベンダー               イライラ、不安、不眠、緊張、鎮静
カモミール               イライラ、不安、短気、不眠
サンダルウッド         ストレス、不安、鎮静
マージョラム            ストレス、不安、怒り、不眠
サイプレス               ストレス、怒り、興奮
ネロリ                     ストレス、不安、ショック、不眠
レモンバーム            ショック、パニック、怒り

 

鎮静系が一番身近なアロマが多い気がします。
ラベンダーはリラックスなどで良く聞きますね。

 

調整系 (心身のバランスを調整)
ゼラニウム               
情緒不安定
べルガモット            ストレス、不安、憂うつ症、情緒不安定
フランキンセンス     恐れ、悪夢
ローズウッド            ストレス、情緒不安定
パルマローザ            ストレス
ペチバー                   ストレス

 

調整系は独特なアロマのイメージがあります。

 

激系   (精神疲労回復、記憶促進)
ペパーミント                 集中力低下、精神疲労
ユーカリ                       集中力低下
レモン                          集中力・記憶力低下
バジル                          精神疲労、記憶力低下、無感動
オレンジ                       ストレス、疲労、緊張、憂うつ症
ブラックペッパー           精神疲労

 

刺激系も身近に良くある香りですね。
ブラックペッパーもアロマになるんだ?とびっくりです。

 

醒系  (元気の目を覚ます)
レモングラス              朝の不機嫌、精神疲労
ジュニパー                 意気消沈
ティートゥリー           眠気
ジンジャー                 精神疲労、意気消沈
ローズマリー              精神疲労、記憶力低下
パイン                       無気力、疲労
マンダリン                 ストレス、緊張

 

覚醒系こちらはフルーティなイメージですね。
ジンジャーもアロマなんですね!

 

福系   (落ち込んだ時)
イランイラン               抑うつ症、精力減退
クラリセージ               抑うつ症、精力減退
オレンジ                      ストレス、緊張
グレープフルーツ          抑うつ症
ローズ                         抑うつ症、不安、ストレス、悲嘆、嫉妬
ジャスミン                   抑うつ症、自信喪失、精力減退
パチュリー                   減退

 

幸福系はいろんな系統のアロマがありますね!

 

※上記 すこやかネット  参考・引用

 



アロマセラピーで一つ注意が必要なのは、妊娠中はダメなものや、高血圧など持病を持つ方にも使ってはいけないものもあるようですので、ちゃんと調べて、かかりつけのお医者様へご相談してください。

 

 

 

f:id:resisupo:20190311173055j:plain
f:id:resisupo:20190311173455j:plain
f:id:resisupo:20190311173257j:plain



アロマを上手く取り入れる事で、
体調に合う方であれば、
安定したりストレスを軽減できる助けも出来るようですので、
私も色々試したいと思います。
ハーブティーを楽しんだり、お風呂に入れたり、
アロマキャンドルやお香、デュフューザーなど色々ありますので
是非皆さまも試してみは?


 

※アロマセラピーは全ての方に効果があるわけではありません。

 

            


今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。

次回はアニマルセラピーとは?です。


またResilience Days をよろしくお願い致します。