Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

アニマルセラピーとは?

こんにちは
PST広報の神山です。

今回のテーマは

アニマルセラピーとは? 

 

アニマルセラピーとは
アニマルセラピーは、動物を使ったセラピー手法のこと。日本での造語である。 医療従事者が治療の補助として用いる動物介在療法と、動物とのふれあいを通じた生活の質の向上を目的とする動物介在活動に分類される。 アニマルセラピーの利点として、生理的利点心理的利点社会的利点3点が挙げられる。
(ウィキペディア引用)

 

アニマルセラピーの由来は日本での造語だったんですね!!
知らなかったです。

 

f:id:resisupo:20190311173004j:plain


私は動物が好きなので、写真を眺めているだけで癒されます。

 

アニマルセラピー利点として上げられた3つの効果とは?

 

理的利点・効果とは
生理的効果せいりてきこうか)とは体内において生理学的な変化(ホルモンや脳内の伝達物質、神経系の変化)が生じることによるプラスの効果です。

 

理的利点・効果とは
心理的効果しんりてきこうか)とは動物との接触によって人の内面や行動がプラスの恩恵を受けることです。

 

会的利点・効果とは
社会的効果しゃかいてきこうか)とは、動物と接することにより、人と人との交流が円滑になる効果を指します。

 

上記 HP 「子犬のへや」より 引用

f:id:resisupo:20190315142243j:plain

 

アニマルセラピーで私が聞いたことがあるのは
ドッグセラピーホースセラピー
他にイルカなどもあるようです。
他にも猫やウサギなど
哺乳類の動物がアニマルセラピーとして活躍中のようです。

 

f:id:resisupo:20190510104013j:plain
f:id:resisupo:20190510103903j:plain
f:id:resisupo:20190510103920j:plain
f:id:resisupo:20190510103958j:plain

 

今回はアニマルセラピーの中でも
ホースセラピーについて

更に調べてみました。

 

ースセラピーとは
ホースセラピーは乗馬を通じて、あるいは馬の手入れ、馬の飼養管理、厩舎の管理、馬の観察などを通じて、障がい者の精神機能と運動機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーションの方法の一つで、正式名称を「ホース・アシステッドセラピー」といいます。
医療面で犬や猫によるセラピー効果が認められるのは、現在のところ心理面とその波及効果としての生理面に限られています。ところがホースセラピーの場合は、医療、教育、スポーツ・レクリエーションの3つの要素を併せ持ち、しかも心身両面への直接的セラピー効果が認められるといわれています。

 

ホースセラピーねっとより引用

www.horse-therapy-net.jp

 

f:id:resisupo:20190311173227j:plain

 

ホースセラピーによる効果 - 「医療」

 

身体的効果

全体的な健康の増進
筋力の強化・トレーニング(腹筋・背筋・足腰など)
脳に障がいがある人は機能的に筋肉を使うことが苦手な場合が多いです。乗馬での軽足歩(けいはやあし)は、鐙(あぶみ:足をかけるところ)を踏みながら立ち上がり、ふくらはぎで馬体を締め付けるため、股を締める筋肉の調整が出来、下半身の筋肉の効果的なトレーニングが可能となるため、障がいのある人にはうってつけのトレーニング法といえます。

柔軟性の向上

馬体の背中の丸みや上下運動を利用し、股の内側の筋肉を徐々に引き伸ばし、股関節を柔らかくします。また、ふくらはぎやアキレス腱を無理なく引き伸ばす効果もあります。

内臓機能の向上
乗馬をすることで揺れや振動が生じ、消化器や排泄などの内蔵へ適度な刺激を 与えられます。これにより、内蔵機能の向上が期待されています。

平衡感覚の発達
立位バランスや歩行バランスなどが不安定な障がい者が、馬の規則正しいリズ ムに合わせて騎乗することで、平衡感覚を養えます。

脊髄の支持・姿勢の改善
股を開いて鞍(くら:馬の背にかける馬具)の上に跨れば、体を安定させるための腹筋と背筋のバランスがよくなり、日常生活の歩行や座位において、頭・脊髄・骨盤・下肢の位置関係などが良くなり、正しい姿勢が保持できるようになります。

腰痛予防
腹筋・背筋をバランスよく鍛えることで、腰痛の改善、予防につながります。

 

精神的効果

自信・満足感が得られる
馬に乗ることで、今まで体験したことのない高い視野、スピード感を得ることができ、「馬に乗った」という満足感を得られ、更には「大きな馬を操れた」という自信が生まれます。

不安や多動を軽減し、嫌悪感や恐怖心・攻撃傾向を減少
(ストレス・孤独感を緩和)

意思・感情表現が豊かになる
馬の騎乗中は馬と意志の疎通を図らなければなりません。騎乗者は馬に自分の意思や感情を伝え、馬と友情を結ぶことで、自身の意思や感情を十分に表現することができるようになります。

知覚・運動能力の向上

対人関係のコツ・積極的な社会性を身につける
馬は犬と同じで社会性のある動物です。上下関係が馬の社会でも存在しているため、人間が馬に対して(ボスとなって)適切な指示を伝えなければならないため、海外では企業の研修として使われることもあります。「上司(ボス)と部下」「親と子」の関係を見直すための手段の一つとして馬が使われることもあるようです。乗馬研修を通じてリーダーシップ、社会性を身につける効果も期待されています。

協調性・調和性が身につく
社会から隔離されていると感じている障がい者は、乗馬により、家族や友人に馬場や騎乗の様子を話す機会が生まれます。他人に話を聞いてもらい、相手の話を聞くようにもなり、協調性・調和性が養われます。また、馬との信頼関係を築くためには、馬の気持ちを考えたコミュニケーションをとらなければなりません。そのため、他者の気持ちを考え、思いやるということが出来るようになります。

 

ホースセラピーねっとより引用

www.horse-therapy-net.jp

 

ホースセラピーは身体的にも精神的にも効果があるようですね。
体力や強化トレーニングになるのも魅力的です。
腰痛予防にも良いようですし、姿勢が良くなるのも良いし
ストレスまで。
もちろん個人差もあり全ての方に効果的では無いと思いますが
やってみる価値はあると思います。
私も以前乗馬は少しだけやったことがありますが、
今回調べてみて
また乗りに行きたいなぁと思いました。
また体験編で機会があれば、ご報告したいと思います!!

 

今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。

次回は身近な雑学  ブロッコリーです。


またResilience Days をよろしくお願い致します。

 

 

f:id:resisupo:20190311172941j:plain