Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

生活習慣病とは?

こんにちは
PST広報の神山です。 

            f:id:resisupo:20190312173509j:plain

今回のテーマは
生活習慣病とは?

 

生活習慣病とよく見聞きしますが、
改めてどのようなものが生活習慣病なのか調べてみました。
また予防法とは?

 

生活習慣病とは
重篤な疾患の要因となる。
食事
運動喫煙飲酒ストレスなどの生活習慣が深く関与し、発症の原因となる疾患の総称です。日本人の三大死因である
がん脳血管疾患心疾患、更に脳血管疾患心疾患の危険因子となる動脈硬化症糖尿病高血圧症脂質異常症などはいずれも生活習慣病であるとされています。
生活習慣病は、今や健康長寿の最大の阻害要因となるだけでなく、国民医療費にも大きな影響を与えています。その多くは、不健全な生活の積み重ねによって内臓脂肪型肥満となり、これが原因となって引き起こされるものですが、これは個人が日常生活の中での適度な運動、バランスの取れた食生活、禁煙を実践することによって予防することができるものです。  厚生労働省HP引用  

www.mhlw.go.jp

 

f:id:resisupo:20190311173008j:plain

 

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことを指しており、例えば以下のような疾患が含まれるとされています。

 

食 習 慣
インスリン非依存糖尿病、肥満、
高脂血症(家族性のものを除く)、
高尿酸血症、循環器病(先天性のものを除く)、
大腸がん(家族性のものを除く)、歯周病等

運動習慣
インスリン非依存糖尿病、肥満、
高脂血症(家族性のものを除く)、高血圧症等

喫  煙
肺扁平上皮がん、循環器病(先天性のものを除く)、
慢性気管支炎、肺気腫、歯周病等

飲  酒
アルコール性肝疾患等

 

 健康寿命をのばそう!より 引用

 

生活習慣病の予防は、運動習慣や食生活、疲労、喫煙、飲酒など毎日の生活習慣を見直すことから始まります。
以下に(健康づくり支援センターHPより)
生活習慣病予防に大切なポイントを紹介します。

 

適正体重の維持
BMIとは体重と身長の関係から算出した、
人の肥満度を表す指数です。

肥満指数(BMI)= 体重 kg ÷ (身長 m ×身長 m )

例)55kgで身長が154㎝ならば 
  23.19(BMI)= 
  体重55(kg)÷(身長1.54m×身長1.54m)

 BMI自動計算  自動計算より 

BMIは23=普通体重

 

低体重    18.5未満
普通体重   18.5~25未満
肥満(1度) 25~30未満
肥満(2度) 30~35未満
肥満(3度) 35~40未満
肥満(4度) 40以上

 

脂肪の摂りすぎに注意
脂肪は体のエネルギー源として、体内に備蓄される大切な栄養素です。しかし脂肪の摂りすぎは肥満の原因になり、体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

野菜の摂取量の増加
野菜に含まれる食物繊維は、満腹感を与えるので食べ過ぎを防ぎます。野菜を1日に350g以上摂りましょう。

 

1日3食、規則正しく食べる
食事の回数を減らしたり、間隔があきすぎると、エネルギーをためこもうとして太りやすい体になります。

 

日常生活の歩数の増加 日常生活のなかで積極的に体を動かそう。
<日常生活の歩数の目安>
成人男性    >> 9200歩以上/日
70歳以上男性    >> 6700歩以上/日
成人女性    >> 8300歩以上/日
70歳以上女性    >> 5900歩以上/日

 

運動習慣をつける
自分に合った運動を見つけて、運動を継続しましょう。

 

睡眠をとる
睡眠不足は、疲労感をもたらし情緒を不安定にし、適切な判断力を鈍らせるなど生活の質に大きく影響します。睡眠不足の時は睡眠をとり休養しましょう。

 

禁煙する
喫煙は血管を収縮させ血流を悪くし、血圧を上げて血管に負担をかけます。また血液中の悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化を促進するため、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患にかかる危険性が高まります。

 

お酒は適量を守る
アルコールの害を防ぐ適度な飲酒量は、1日あたり純アルコールで約20g程度と言われています。また週に2日は休肝日をつくり、肝臓の負担を減らしましょう。

 

歯を大切にする
食事を摂るには健康な歯が欠かせません。歯が抜ける原因の約9割は虫歯と歯周病です。歯周病は、食生活や喫煙、歯磨き習慣などと深い関係があり、生活習慣病の1つとされています。歯周病を防ぐにはまず生活習慣の改善が必要です。歯周病を悪化させる歯石は、定期的に歯医者で除去しましょう。

 

自然のリズムに合わせて生活をする
季節の変化に合わせて旬の物を食べ、昼夜の変化に従って寝起きしましょう。また寒暑に合わせて衣服を増減しましょう。

 

健康づくり支援センター より 引用

 

もちろんご紹介したのは目安なので、自分の体調に合うように努めて頂けると良いと思います。
私もできるところから少しずつやってみようと思います。

 

f:id:resisupo:20190311173756j:plain
f:id:resisupo:20190311173621j:plain

 

生活習慣病」は予防が何よりも大事なので、出来れば1年に一度など定期的に健康診断を受け、生活習慣を整える努力をすることで未病に繋がるようです。
皆様も健康診断受けてみて自分の身体と向き合ってみると良いと思います。
痛みや症状が出てからですと治療に時間がかかったりもするので、まずは元気な時に受けてみるのが早期発見や未病に繋がるのだと思います。

未病」とは、発病には至らないものの軽い症状がある状態です。 五臓六腑がつながっているという考えが根本にあり、軽いうちに異常を見つけて病気を予防するという考え方です。 最近では外来や検診でさまざまな検査ができるようになり、特に自覚症状がないにもかかわらず検査値異常を指摘されることがよくあります。

 

 

MIMOSYS®︎やってみたい試したいと思われる方は
下記よりダウンロード可能です。

※スマートフォンを用いた
音声による健康状態のモニタリングに関する研究です。
詳細は社会実装実験同意書に記載されています。

⇩⇩⇩

blog.medical-pst.com

 

操作方法などはブログ上部にページが御座いますので
合わせてご覧ください。

 

 

今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。

次回は身近な雑学  ヨーグルト編です。


またResilience Days をよろしくお願い致します。