Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

気になるもの調査!!その1 モリンガ

こんにちは
PST広報の神山です。

今回のテーマは

モリンガ」 

            f:id:resisupo:20190312174709j:plain

 

化粧品からエクササイズ、アンチエイジングや美容に良い食べ物まで
外から中から今気になるものをチェック!!
飲み物食べ物サプリメントなど、色んなアイテムなどを調べてみる回です!!
全てご紹介は無理なので独断と偏見で私が気になるものを厳選でご紹介!!

 

f:id:resisupo:20190311173421j:plain

 

 

「モリンガ」

リンガとは(ワサビノキ
ワサビノキは、ワサビノキ科唯一の属であるワサビノキ属の1種であり、本属で最も広く栽培されている。属名のモリンガで呼ばれることもあり、日本で食材として扱う事業者やその商品名でも「モリンガ」と称することが多い。フィリピンでは、カムンガイ、カモンガイ、マルンガイと呼ばれる。 ウィキペディア
学名: Moringa oleifera分類階級: 種上位分類: ワサビノキ属

 

モリンガで検索してみると
どのサイトもスーパーフードという形で大絶賛されてます。
スーパーフードを超えてミラクルフードと表現しているサイトもありました。

 

f:id:resisupo:20190311173334j:plain

 

モリンガとは北インド地方を原産とするワサビノキ属の1種だそうです。

 

人に必要な栄養素が
50種類以上も豊富に含んでいる植物だそうです。

 

 

なぜ今回モリンガなのかと言うと、実は私の手元にモリンガパウダーがあるのです。

 

f:id:resisupo:20190311172810j:plain



ココリセ モリンガパウダーポーション 
1.2g×20包 税抜き900円

 

ココリセさんのサイトから抜粋させて頂きますと

 

モリンガは、ビタミン類をはじめ、必須アミノ酸、ミネラル、GABA、ポリフェノールなど、多種多様な有用成分をハイバランスに含有し、その理想的な自然配合の妙から、「奇跡の植物」「生命の木」などと呼ばれています。

 

モリンガパウダー 成分分析表(100g)

 

ビタミン
・ビタミンA(レチノール当量) 2580μg
・β-カロチン 31000μg
・チアミン(ビタミンB1) 0.37mg
・リボフラビン(ビタミンB2) 2.38mg
・ナイアシン当量 18.8mg
・ビタミンB6 1.34mg
・総アスコルビン酸(総ビタミンC) 11mg
・ビタミンD(国際単位) 0.2
・ビタミンE(α-トコフェロール) 79.2mg
・β-トコフェロール 0.7mg
・γ-トコフェロール 3mg
・フィロキノン(ビタミンK1) 3610μg
・葉酸 0.89mg
・パントテン酸 1.77mg
・ビオチン 86.1μg

 

ミネラル
・ナトリウム 18.6mg
・カリウム 1.72g
・カルシウム 1.23g
・マグネシウム 322mg
・鉄 7.08mg
・亜鉛 1.71mg
・マンガン 3.5mg
・銅 0.68mg
・リン 399mg
・セレン 7.5μg
・イオウ 0.54g

 

アミノ酸
・アルギニン 1.45g
・チロシン 0.95g
・アラニン 1.55g
・グリシン 1.38g
・プロリン 1.24g
・グルタミン酸 2.86g
・セリン 1.08g
・アスパラギン酸 2.26g
・シスチン 0.37g
・遊離γ-アミノ酪酸(GABA) 347mg
・ポリフェノール 2.52g

 

必須アミノ酸
・バリンBCAA 1.45g
・ロイシンBCAA 2.24g
・イソロイシンBCAA 1.16g
・リジン 1.52g
・ヒスチジン 0.61g
・フェニルアラニン 1.47g
・メチオニン 0.46g
・スレオニン 1.19g
・トリプトファン 0.53g

 

エネルギー 341kcal
たんぱく質 25.9g
脂質 7.9g
炭水化物 52.4g
糖質 30.5g
食物繊維 21.9g

 

ココリセ HPより 引用

 

なんかすごい栄養素の数!!
確かにこれはスーパーフードですね。

 

モリンガには、食物繊維・ビタミン・ミネラル・アミノ酸が豊富に含まれています。
100gあたり、ポリフェノールは84.6mgで赤ワインの約8倍、
GABA(ギャバ)は1,003mgで発芽玄米の約70倍という結果も
報告されています。
(鳥取大学教育環境科調べ)
またビタミンAはにんじんの約4倍、鉄分はほうれん草の約30倍とも言われています。

 

モリンガの効果

 

モリンガの効果・効能としては、次のようなものが期待できるとされています。

 

  • 抗炎症作用
  • 血糖値・中性脂肪の抑制
  • 血圧を抑える
  • 免疫力UP
  • 抗菌作用(風邪予防など)
  • 消臭作用(体臭・口臭・加齢臭など)
  • 代謝アップ(汗をかきやすくなる)
  • デトックス(利尿作用、便秘の解消)
  • 美肌(腸内環境改善)
  • アンチエイジング(抗酸化作用)
  • リラックス・安眠効果
  • 花粉症の改善
  • 出産後、母乳の産生増加

 

非常に多くの効果・効能があげられますが、これらは各地で古来から伝わるものであり、医学的根拠に基づいた研究はまだこれからとなりそうです。

 

モリンガ摂取の注意点 

モリンガには血圧や血糖値を下げる作用があるので、
薬はもちろん、ハーブ・健康食品・サプリメントなどを併用すると、
血圧や血糖値が下がりすぎて危険な場合があります。
必ず事前に医師に相談が必要です。
また、ビタミンAが非常に豊富なため、
粉末であれば小さじ1杯程度で一日の摂取上限となります。
このようなことから、過剰摂取には注意し、一日の摂取量を守りましょう

 

Lifet SELECT (リフェットセレクト)さんのサイト 引用

 

なるほど!モリンガって本当に栄養ありますね!
まだ1セットストックあるので、体調に合わせて飲みたいと思います。

 

 

今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。

次回は身近な雑学 オリーブオイル 編です。


またResilience Days をよろしくお願い致します。