Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

老眼・白内障・緑内障とは

こんにちは
PST広報の神山です。

 

今回のテーマは

「老眼・白内障・緑内障とは」

 

f:id:resisupo:20200218183845j:plain

 

 

老眼とは

加齢とともに水晶体の弾力性が弱まり,近い所を見るとき毛様体筋が緊張しても,十分な調節力がでなくなった状態をいいます。
老眼(老視)が進行してくると、だんだんと手元が見えにくくなり,近くを見ると目が疲れたり,本を読むとき目から離したり,うす暗い所や夜は見えにくくなったり,細かい文字がはっきりしないなどの症状を起こしてきます。
老視は中年以後になると誰にでも起こってくる生理的現象で,病気ではありません。

近視の人はもともとのピントが手元にあるために裸眼では老眼(老視)を自覚しにくく、遠視の人は比較的若い年齢から、老眼(老視)の症状を訴えることが多くなります。

引用  老眼(ろうがん)とは何? Weblio辞書

www.weblio.jp

 

 

 

f:id:resisupo:20200218183909j:plain

 

白内障とは

水晶体が濁ってくることを白内障といいます。瞳孔をみると白く見えることから「白そこひ」ともよばれます。目の中のレンズの役目をしている水晶体に濁りが生じると,光を十分に通さなくなり,ちょうどスリガラスを通して外を見るように物がかすんで見えるようになります。そして濁りがきつくなると明暗だけしかわからなくなるなど視力は低下します。白内障にはいろいろな種類があります。

 

目の水晶体を構成するたんぱく質が変性し、黄白色または白色に濁ることにより発症する病気です。白内障が発症する原因として、最も多いのは加齢によるもので、加齢性白内障と呼ばれます。個人差はありますが、水晶体が濁ること自体は年齢を重ねると多くの人に起こることから、一種の老化現象ともいえます。そのほか、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症、母親の体内で風疹に感染するなど先天的なもの、目の外傷や薬の副作用などがありますが、これは年齢に関係なく若い人にも起こります。このほか、白内障発症のリスクを高める危険因子として、喫煙、紫外線、活性酸素、アルコールなどがあります。特に喫煙は米国公衆衛生総監報告においても白内障を引き起こすと判定されています。

 

引用  白内障(はくないしょう)とは何? Weblio辞書

 

www.weblio.jp

 

 

緑内障とは

眼圧が正常眼圧を越えている状態を主な徴候とする疾患です。正常眼圧とは15mmHgで,10~20mmHgが範囲とされています。ただしこの数値は平均値であるため,個人差があります。眼圧が25mmHgと高くても,それがその人にとって正常な眼圧であることもありますし,15mmHgでもその人にとっては眼圧が高く緑内障となることもあるわけです。そういった点で診断も非常にむずかしい病気ともいえます。眼圧が高くなる原因は,房水が流れ出る機構に問題があるわけです。房水は毛様体で産出され,後房から瞳孔を通って前房に入り,前房隅角から眼球の外へ排出されます。眼球内に入ってくる房水の量と出ていく量とが同じであれば眼圧は一定に保たれますが,前房隅角に異常があると房水がうまく排出されずに,前房や後房にたまりすぎ,眼圧が高くなります。眼圧が高くなると,その影響は眼球壁すべてにおよぶわけですが,強膜は強固なので,やわらかい角膜と視神経乳頭が被害をうけます。長い間視神経が圧迫されると神経は萎縮して,視野が狭くなったり(視野狭窄),視力が低下したりします。そして一度狭くなった視野や悪くなった視力は回復しません。また,視力より視野が先に障害されてきます。

 

引用  緑内障(りょくないしょう)とは何? Weblio辞書

 

www.weblio.jp

 

 

f:id:resisupo:20200310172447j:plain


 

予防策とは???

老眼

今から始めよう!老眼予防トレーニング
水晶体の厚さを調節する毛様体筋を鍛えることで、目の老化を予防したり進行を遅らせることができます。
パソコン作業などをしているときは1時間に1回程度、そうでない場合でも1日に数回行うといいでしょう。

 

遠く&近くを眺める体操
①ペンなどを手に持って、腕を伸ばし、ペンを2~3秒見ます。
②次に、外の景色など遠くを2~3秒見ます。これを3セット行います。


目を開く&閉じる体操
①目をギュッと閉じます。
②閉じた目をパッと見開いて2秒キープします。これを3セット行います。
眼球をまわす体操
眼球をまわす体操
顔を動かさないようにして、眼球だけ回します。
上→斜め左上→左→斜め左下→下→斜め右下→右→斜め右上、と8箇所を見るようにぐるっとまわします。これを3セット行います。

 

目を健康に!老眼予防の生活術
目の老化を予防したり、老眼の進行を遅らせるためには、食事や生活習慣に注意することも大切です。

①目にいい食材・サプリメントを摂る
目の健康を保つためには、体全体の健康を保つことを考えなければなりません。目によいからといって、一つの食材ばかりをとっていては栄養バランスが崩れ悪影響ですから、まずはバランスのとれた食事を心がけましょう。その上で、特に目によいとされる栄養素、アンチエイジング効果(抗酸化作用)のある栄養素を摂取するようにします。

 

ルテイン
目の水晶体にもともとある物質で、強い抗酸化作用があります。ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。


アスタキサンチン
目のピント調節の改善が期待される、抗酸化作用の強い物質です。サケやイクラ、カニ、エビなどに多く含まれています。


ビタミンB1、ビタミンC
ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあり、目の疲れをやわらげるのにいいでしょう。豚肉、うなぎ、玄米などに多く含まれています。
また水晶体には多くのビタミンCが含まれているため、ビタミンCもしっかり摂るようにします。赤ピーマンや黄ピーマン、パセリなどの野菜やキウイやグレープフルーツなどのフルーツに多く含まれています。


②眼に入る紫外線の量を減らす
老眼は、水晶体に弾力がなくなって硬くなることが原因の一つですが、硬くなってしまう要因として上げられるのが、紫外線による活性酸素の発生です。ですから、できるだけ目に紫外線を入れないような工夫をするのもいいでしょう。UVカット加工のサングラスや帽子などで、紫外線を防止しましょう。

③視力に合った老眼鏡をつくる
近くのものが見えにくいままで生活すると、目に負担がかかってしまいます。見えにくさを感じたら、自分の視力に合った老眼鏡をつくりましょう。老眼は65歳くらいまで進行しますから、2~3回は作り変える必要があります。見えにくさを感じたら、眼科や眼鏡店などでチェックしてもらいましょう。
また、遠近両用コンタクトレンズもあります。コンタクトレンズの使用に慣れている人は、眼科で相談してみましょう。

 

こんな悪影響が!老眼鏡をかけないでいると…
老眼で近くのものが見えにくくなっても、我慢して老眼鏡をかけないでいると、眼精疲労を起こし、肩こりや頭痛、食欲不振や吐き気といった症状を感じることがあります。
また、「老眼鏡をかけると、逆に老眼が進行する」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、老眼鏡をかけてもかけなくても、65歳くらいまで進行が続きます。老眼鏡をかけると近くのものが見えやすくなることから、老眼鏡を外したときの見えにくい状態がこれまで以上に気になり、老眼が進行したかのように感じられるためだと考えられます。

 

「近視の人は老眼にならない」!?
「近視の人は老眼にならない」というウワサがありますが、これは間違いです。水晶体や毛様体筋の衰えは、すべての人に起こる老化現象ですから、近視の人も同じように老眼が進行します。
ただし、近視の人は遠くのものが見にくく、近くのものにピントが合っている状態です。そのため老眼になっても、裸眼であったり弱めのメガネをかけている状態なら、もともと近くにピントが合っているため、”近くのものが見えにくい”とは感じにくくなります。
近視の人がメガネやコンタクトをつけているときは、老眼になれば近くのものは見えにくく感じます。

 

 

引用  目の若さをキープ!老眼を予防する方法|病気・症状と予防|eo健康

 

eonet.jp

白内障

白内障は、加齢によるものですが、紫外線や喫煙、糖尿病や薬物(副腎皮質ステロイド、向精神薬など)も大きな原因となります。血中の糖は、タンパク質と結合し、それによって各種最終糖化産物(AGEs)という物質ができます。これが酸化ストレスをも引き起こします。それらによって目の酸化ストレス、糖化ストレスが上昇し、白内障がおこるといわれています

  1. 禁煙そして糖尿病、高血圧、高脂血症、心血管系疾患などの疾病予防、白内障の原因となる薬物を摂取しないようにするために心身の健康を保つ。
    体内での酸化ストレス・糖化ストレスの産生を予防しましょう。
  2. 抗酸化効果の高いビタミンを多く含む野菜や果物を毎日摂取する。
    食事で十分に摂取できない方は、マルチビタミンやルテインなどのサプリメントが白内障予防に有効との報告があります。
    酸化ストレス・糖化ストレスを消去する食事を摂取して、体内の抗酸化力を高めましょう。
  3. AGEを多く含む食品を多くとらない。
    炭酸飲料、揚げ物、スナック類、バターなどはAGEを多く含みます。
  4. 眼部の紫外線被ばくを避ける。
    紫外線対策は、夏場だけではなく一年を通して必要です。天気が良い日には帽子やサングラスによる眼部紫外線予防は重要です。とくに朝晩や春・秋の紫外線は、メガネの横から反射して眼部に入ってくるといわれています。
    つばの長い帽子やサイドからの紫外線対策効果のあるサングラス、紫外線カット効果のあるソフトコンタクトレンズは、眼部紫外線暴露の予防には有効です。
  5. 眼部の外傷を避ける。
    眼の打撲や怪我でも白内障になります。
  6. 放射線、赤外線被ばくをさける。
    チェルノブイリなどの原発事故、原爆による白内障のみならず、心臓カテーテル治療を行う医師には白内障を発症する人が多いことがわかっています。

 

引用  日本白内障学会

 

www.jscr.net

緑内障

緑内障は残念ながらこれといった予防が難しい病気のようです。

しかし、早い段階で発見して治療を始めれば、進行を防ぐことはできます。

40代以上の方は特に定期的に眼科で視力・視野・眼圧・眼底の検査などを

受ける事が早期発見に繋がりますので、出来るだけ検査に行くようにしてください。

また会社での健診や住民健診などで項目に入っている場合は良いですが

無い場合もありますので、眼科の方へ検査をおすすめします。

 

f:id:resisupo:20200310180950j:plain



今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。

 


また次回 Resilience Days  をよろしくお願い致します。