Resilience Days

〜 レジリエンスの日々 〜

ヨガ(yoga・ヨーガ)について

こんにちは
PST広報の神山です。

今回は
ヨガ(yoga・ヨーガ)についてです。      

 

f:id:resisupo:20190312175309j:plain



 

ストレス解消法にヨガヨーガ)が良く目に付きます。

運動不足の方も家で出来るのでやっている方も多いかと思います。

私は興味はとてもあるのですが、ちゃんとやれてないので

今回は色々調べてみました。

 

f:id:resisupo:20190311173357j:plain

 

ガ 又は ヨーガ( yoga)とは

呼吸を整え、瞑想(めいそう)の世界にはいって、正理と一体になること。古代から伝わるインドの身心鍛錬の方法。近年は健康法としても行われる。瑜伽(ゆが)。ヨーガ※google検索トップ引用

 

 

 

ちなみにヨギーというのはヨガをやっている人の事を指すそうです。

 


運動嫌いな私にも出来るのかな?と今回はYouTubeを観ながらセルフヨガをやってみようと思います。

 

早速始めようとしましたが、我が家にはヨガマットも無く、
服装も何が良いのやら。
夜寝る前に簡単に出来るヨガは無いかと早速YouTubeを検索してみました。

 

とりあえずヨガの動画(YouTube)を観てみる事に。⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

疲れている人にオススメ!「夜、寝ながらヨガ」

 

これだったら出来そうです!!
でも途中で眠ってしまいそうです。

 

f:id:resisupo:20190311173329j:plain

 

呼吸法に期待されている効果

ヨガの呼吸法には、自律神経を整える効果が期待されています。自律神経とは、私たちの意思とは別に働いている神経のことです。「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経があり、それぞれに異なる役割があり、バランスが保たれています。

交感神経が優位になると、私たちは活動的になります。ただし、これにより緊張やストレスも生まれやすくなるのです。その反対に、副交感神経が優位になると、私たちはリラックスした状態になります。

どちらも生きるために欠かせない大切な機能ですが、両者がバランスを崩してしまうと、体調不良につながることも。心も体も健やかな状態を目指すために、ヨガの呼吸法で自分の呼吸を整えていきましょう。

 

代表的な呼吸法の種類

ここでは、代表的なヨガの呼吸法をご紹介します。ヨガの流派やレッスンの内容により、用いられる呼吸法の種類が異なります。初めて呼吸法の練習を行うときは、指導者のもとで安全に取り組むようにお気をつけください。

腹式呼吸

ヨガの基本となる呼吸法のひとつです。息を吸うときにお腹を膨らませます。肺を大きく動かすことで、たっぷりと空気を取り入れ、吐き出しましょう。インナーマッスルの強化にも効果が期待できます。

胸式呼吸

息を吸うときに胸を膨らませて呼吸を行います。交感神経に働きかけ、体を動かしやすくする効果が期待できます。集中力を高めやすくなるため、ヨガのレッスン中でも効果的に用いられる呼吸法です。

片鼻呼吸

左右の鼻の穴を交互に手で押さえ、片方ずつ呼吸を行います。私たちは、いつも無意識に左右一方の鼻を使い呼吸をしています。意識的に左右交互に呼吸をすることで、体を整える効果が期待できるのが特徴です。

ウジャイ呼吸

アシュタンガヨガという流派で用いられる呼吸法としても有名です。喉の奥を細くすることで、呼吸とともに音が生じるようになります。力強く呼吸を繰り返すことで、体を温める効果が期待できます。

カパラバティ

鼻から力強く息を吐くことを繰り返し、リズミカルに呼吸を行います。体の内側を大きく動かすことで血行が改善され、リフレッシュ効果が期待できます。体調に合わせて無理なく行いましょう。

 

引用 ヨガで重要な呼吸法とは?期待される効果や種類について|COLUMN|NEWS|【公式】ヨガウェアブランドのReal Stone (リアルストーン)

www.realstone.jp

 

やはり、途中で眠ってしまいましたが(笑)

日々続けることが大事だと思うので
出来るだけ続けれるように頑張りたいと思いました。

 

 

皆さまもよろしければ
MIMOSYS®︎で心の状態を測りながら
やってみてはいかがでしょうか?

 

MIMOSYS®︎やってみたい、試したいと思われる方は
下記よりダウンロード可能です。

 

⇩⇩⇩

blog.medical-pst.com

 

 

 

 

今回もResilience Days 読んで頂きありがとうございました。


またResilience Days をよろしくお願い致します。